mama 発!『動画』を使ったコミュニティ&マーケットサイト


【無料】志垣豊子通信第2弾−
「再び娘たちへ(第15回)」



隔週月曜日に配信してまいりました、志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ」は、今回が最終回です。
毎回お読みいただきありがとうございました!
来年も企画を考えております。どうぞお楽しみに!


---------------------------------------------------------------------------------------

志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ(第15回)」

15.「ロマンチスト」 なりたい自分をイメージしましょ!

 センチメンタルにはならないけどロマンチストでいたいというのは私の想い。

 子供の頃から、何かにつけてオオゲサなほどステキなことはないか?とキョロキョロしてきた気がします。
ロマンチストと言っても、深遠な夢を追うわけでなくて、どうせなら夢心地な生き方暮らし方がいいと思ってきたのです。
あ、これ、良し悪しは別ですよ。

 子供の頃も若い頃も、あったのは時間とたくさんの友だちとオトナたちです。
それと本。兄弟姉妹に囲まれていたので家の本棚は年齢不問に物語がいっぱい並んでいました。それに毎月届く少女雑誌、お嫁に行った姉を訪ねると買ってもらえた少女小説!
(へえ〜こんな世界があるのか!まあ〜こんな人がいるのか!ええっそんなあ!)と生きる場面や生き方に引きずり込まれ、挙句(案外、気は心かも・・・)とマセた10代を送りました。

その後の子育て時代は、仕事時代でもあったわけで、実務一辺倒。
「一つずつ、順番に」を呪文のように唱えつつ、洗濯機を回し、朝ごはんとお弁当をつくり、出かける身支度をし、寝ない子をオンブしながら原稿書きだってしていたのです。

でも!(こうしている私ってステキかも・・・)と思っていたフシがあります。
ちょっと不良っぽいのですが、やっちゃえ!と使う秘策もありました。

例えば、滑り込みセーフの帰宅で吊り上がりそうな目を収めるのは1缶のビール。
あのね、その頃も心だけを酔わせてくれる「ライトビール」というのがあったのよ。
キリッと締めたエプロンのポケットに缶を突っ込んで、にっこりお仕度というスタイルです。懐かしいわ。

最近では、そんなこと!と思いますが、中学時代の親友から「残り毛糸でクリスマスリースだなんて、ロマンチック」と言われてみると、少し嬉しい。

天使が降りてくるかもね。

■過去の「志垣豊子通信」は、→こちらをクリック

----------------------------------------------------------------------------------------------
志垣豊子さん
志垣豊子 しがきとよこ

DreCome60 grannny net 主宰。
2014年春まで、50代女性の異業種交流ネットワーク「50カラット会議」代表。

60代メンバーが増えたのを機会に、娘たちとのコミュニケーションを考えるgranny net
を開設しました。私には娘と息子に、合わせて3人マゴがいます。小学生と中学生。

歳をとるのは誰も初めて。けれど人類の歴史は長いのです。学べることはたくさんありそう。
自分の生き方と共に、娘たちマゴたちが笑って過ごせる日々のために出来ることを見つけたいと思います。

granny netにはいろいろな職業、失敗も含め子育て体験豊かなおばあちゃんがいます。
例えば、医者、料理研究家、建築家、編集者、心理学者、作家、画家、ファッションデザイナー、
市場調査研究者
。みんな笑うこと、喋ることが大好き。

いつまでも誰かと一緒にごはんを食べたいと作った本に、『笑ってごはん』(家の光協会刊)も
あります。


カテゴリーから探す 商品一覧はこちら


コミュニケーション 遊び 子育て・勉強 暮らし 料理 趣味 イベント 知恵袋 - 発見プロジェクト お悩み別 セミナー・お教室