mama 発!『動画』を使ったコミュニティ&マーケットサイト


【無料】志垣豊子通信第2弾−
「再び娘たちへ(第12回)」



隔週月曜日に配信の予定です。お楽しみに!

---------------------------------------------------------------------------------------

志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ(第12回)」

12.「もう一度」 もっとウキウキするために。

 毛糸いじりの季節になりました。
 去年残り毛糸を集めて編んだハラマキが意外な好評で、気をよくしています。
 何故か(どうだ!)と気合いが入った作品より、余った毛糸くずを色合わせしながら編んだスマホカバーだのレッグウオーマーが喜ばれて、いささか呆れてもいます。
 
 毛糸遊びのいいところは、「もう一度」が利くこと。編み直しは自由自在です。
 昨日も、3年間巻いたマフラーをほどきました。
「編み物初体験はプレゼント」という甘い思い出をお持ちの方もいらっしゃるでしょう?
そういえば、マフラーにも流行があって、近所の高校生からデイト用に長―いマフラーを頼まれて編んだことがありました。
1本のマフラーを二人でというので、さてどの位の長さが要るものか子供の首を借りて試しながら編んだ思い出があります。
あの恋はどうしたでしょうか?

 毛糸に限らず、「もう一度」には夢がありますね。
育児休暇から職場復帰したり、大小の失敗から立ち上がったり、懐かしい土地や人を訪ねたり、何度か挫折したあれこれに挑戦したり!
「もう一度」、ああ本当に温かい言葉です。

 秋の夜長、毛糸玉を転がしながら、私も「もう一度」とつぶやいています。
振り返れば、家族や友人や仕事から「いまはそれっきゃないけど、こんな方法もあるね」と教えられたこと   
があって、そのいくつかが引っかかっているのです。

 そんなこと、やってみようかな。
 いえいえ大したことじゃないのです。
 気になる場所に立ち止まる時間をちょっと長くするだけなのですが・・・。

■過去の「志垣豊子通信」は、→こちらをクリック

----------------------------------------------------------------------------------------------
志垣豊子さん
志垣豊子 しがきとよこ

DreCome60 grannny net 主宰。
2014年春まで、50代女性の異業種交流ネットワーク「50カラット会議」代表。

60代メンバーが増えたのを機会に、娘たちとのコミュニケーションを考えるgranny net
を開設しました。私には娘と息子に、合わせて3人マゴがいます。小学生と中学生。

歳をとるのは誰も初めて。けれど人類の歴史は長いのです。学べることはたくさんありそう。
自分の生き方と共に、娘たちマゴたちが笑って過ごせる日々のために出来ることを見つけたいと思います。

granny netにはいろいろな職業、失敗も含め子育て体験豊かなおばあちゃんがいます。
例えば、医者、料理研究家、建築家、編集者、心理学者、作家、画家、ファッションデザイナー、
市場調査研究者
。みんな笑うこと、喋ることが大好き。

いつまでも誰かと一緒にごはんを食べたいと作った本に、『笑ってごはん』(家の光協会刊)も
あります。


カテゴリーから探す 商品一覧はこちら


コミュニケーション 遊び 子育て・勉強 暮らし 料理 趣味 イベント 知恵袋 - 発見プロジェクト お悩み別 セミナー・お教室