mama 発!『動画』を使ったコミュニティ&マーケットサイト


【無料】志垣豊子通信第2弾−
「再び娘たちへ(第11回)」



※お休み頂き申し訳ございませんでした。今週から、志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ」シリーズを再開します!
隔週月曜日に配信の予定です。お楽しみに!


---------------------------------------------------------------------------------------

志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ(第11回)」

11.「BGM」 小さなパッション。

ひとり暮らしになってから、部屋に音楽が欠かせなくなりました。
音源は、ラジオだったり、CDだったり、近頃はPCやiPADから聴く手立ても覚えました。
今も、使っているPCからグレングールドの「Goldberg Variations」が流れています。

習慣で朝食の支度を始めると同時にFMのスイッチを入れます。
食事中、あと片付け、掃除洗濯の時間帯はそのままラジオ。

さてPCタイム、頭の体操代わりの学習時間になると、PCに溜めたクラシックを細々と流しています。
そして夕方はやっぱり声が聴きたい。
ポップス、カントリー、ジャズ、オペラ、なんでも。心に沁みる時間です。
 
ところで、子育て中はテレビから流れる「ひょっこりひょうたん島」だとか「アタックナンバー1」の音を背中に聴きながら、ごはんづくりを急いだものでした。

そんな時期、FMが入るラジオを買った日のことはよく覚えています。
よく晴れた秋の日曜日で、近所の間口1間ほどの電気屋さんに飾ってあった銀色に輝くトランジスタラジオを、ほとんど衝動的にわがものにしたのでした。
値段は忘れてしまいましたが、家族単位の支出で精一杯だった頃に「自分用」を買うにはきっと何か飛び越えたい気持ちがあったのね。

ラジオではもっぱらそれまでに近しかったクラシック音楽を追いかけていましたが、やがて新しいリズムや楽曲に目覚め魅かれて、レコード、CD、ウオークマンと聴き方も広がっていきました。

あのラジオも、何度かの引越しで消えてしまいましたが、手の中で震えるように鳴った感動は忘れません。
あの頃は確かにキリがなく忙しかったのですが、夜中に小さなラジオを抱えた時間は小さなパッションを持ち続ける助けになった気がします。


■過去の「志垣豊子通信」は、→こちらをクリック

----------------------------------------------------------------------------------------------
志垣豊子さん
志垣豊子 しがきとよこ

DreCome60 grannny net 主宰。
2014年春まで、50代女性の異業種交流ネットワーク「50カラット会議」代表。

60代メンバーが増えたのを機会に、娘たちとのコミュニケーションを考えるgranny net
を開設しました。私には娘と息子に、合わせて3人マゴがいます。小学生と中学生。

歳をとるのは誰も初めて。けれど人類の歴史は長いのです。学べることはたくさんありそう。
自分の生き方と共に、娘たちマゴたちが笑って過ごせる日々のために出来ることを見つけたいと思います。

granny netにはいろいろな職業、失敗も含め子育て体験豊かなおばあちゃんがいます。
例えば、医者、料理研究家、建築家、編集者、心理学者、作家、画家、ファッションデザイナー、
市場調査研究者
。みんな笑うこと、喋ることが大好き。

いつまでも誰かと一緒にごはんを食べたいと作った本に、『笑ってごはん』(家の光協会刊)も
あります。


カテゴリーから探す 商品一覧はこちら


コミュニケーション 遊び 子育て・勉強 暮らし 料理 趣味 イベント 知恵袋 - 発見プロジェクト お悩み別 セミナー・お教室