mama 発!『動画』を使ったコミュニティ&マーケットサイト


【無料】志垣豊子通信第2弾−
「再び娘たちへ(第9回)」



※皆様のご好評にお答えして、志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ」シリーズが始まりました!
隔週月曜日に配信の予定です。お楽しみに!

---------------------------------------------------------------------------------------

志垣豊子通信第2弾−「再び娘たちへ(第9回)」

9.「実のなる季節」 おお可愛い!おっいい音がする!

 ベランダのオリーブの木に実がつきました。二つ。

小梅ほどの大きさで、サクランボのように枝から下がった姿は、小さかった子供たちを思い出します。
自分が楽しくなくて子供が楽しいわけがない!と、毎日の食事も「試食会?」といぶかるような思いつきメニューだし、反抗すれば「反抗非行は税金を払ってから。親に任せなさい!」とばかりに封じてきた中で、よくまあ耐えて育ったと、今更ながらの感慨です。

 実のなる季節は、実が結ぶまでの移ろいを愛おしく振り返るのですね。

 暮らしを草花に例えれば、30代40代に走りながら撒き散らしたらしいタネは、まるでワイルドフラワーの草原状態で茂り、50代は手に負えそうな草を残す作業に費やしました。

 そしてこの頃、私が手にした実は「友だち」だなあと思うのです。
食べようよ、話したいわ、見て見て!聞いて!を叶えてくれる友だち。
「毛糸の束を巻き取る手になってくれない?」という忍耐さえ受けてくれる友だち。
ひとり暮らしを選んだ自分の性格わかっちゃいるけど、幸い私の友だちは辛抱強い。
 しかも、子どもじゃこうはいかないぞというくらい聞き流し上手で笑いとばし上手なの。

現役の頃に出会った新卒で初々しかった女性から、「50カラットになりました!」とメールが届きました。
えええっ!!

年令の1年を1カラットと数え、「50代だもの50カラット」と自画自賛してきた私たちを覚えていてくれたのねと感激しました。
みんな夢見ながら伸びて、いろんな色の花咲かせて、まるでアートだという実になって、いい音がする秋なのです。
まだあるらしい「これから」、どの実もこぼさない籠でいようっと!

■過去の「志垣豊子通信」は、→こちらをクリック

----------------------------------------------------------------------------------------------
志垣豊子さん
志垣豊子 しがきとよこ

DreCome60 grannny net 主宰。
2014年春まで、50代女性の異業種交流ネットワーク「50カラット会議」代表。

60代メンバーが増えたのを機会に、娘たちとのコミュニケーションを考えるgranny net
を開設しました。私には娘と息子に、合わせて3人マゴがいます。小学生と中学生。

歳をとるのは誰も初めて。けれど人類の歴史は長いのです。学べることはたくさんありそう。
自分の生き方と共に、娘たちマゴたちが笑って過ごせる日々のために出来ることを見つけたいと思います。

granny netにはいろいろな職業、失敗も含め子育て体験豊かなおばあちゃんがいます。
例えば、医者、料理研究家、建築家、編集者、心理学者、作家、画家、ファッションデザイナー、
市場調査研究者
。みんな笑うこと、喋ることが大好き。

いつまでも誰かと一緒にごはんを食べたいと作った本に、『笑ってごはん』(家の光協会刊)も
あります。


カテゴリーから探す 商品一覧はこちら


コミュニケーション 遊び 子育て・勉強 暮らし 料理 趣味 イベント 知恵袋 - 発見プロジェクト お悩み別 セミナー・お教室